一生涯、共に、二人で築く愛のしるし

婚約までに考えたい二つの指輪の違い

男性が一生傍にいたい女性を見出した時は、婚約指輪を贈ります。
婚約指輪は結婚指輪とは異なり、女性だけが身につけるものです。
結婚指輪はペアデザインを選択するケースも少なくありませんが、婚約指輪は女性の趣味に寄り添って選ぶと良いでしょう。
普段使っているカジュアルな指輪と差別化したい時は、刻印サービスを利用することもできます。
刻印とは指輪のアームや宝石に好きな文字を刻むことです。
男女二人のイニシャルや婚約記念日を刻めば、二人の絆を感じられる指輪になりますよね。
また婚約指輪は結婚指輪と重ね付けしたいと考える女性もいますので、その場合は大振りなデザインのものを避けると良いでしょう。
アームの幅や宝石の大きさに注意してみましょう。

既製品とオーダーメイドの違い

婚約から男女が入籍することになったら、結婚式当日までに結婚指輪を用意します。
結婚指輪は既製品を購入するかオーダーメイド制作で手に入れると良いでしょう。
既製品は特定のブランドメーカーを愛好している男女にとって魅力的です。
そのブランドの魅力を存分に活かした指輪を手に入れることができるのです。
逆にオーダーメイドは夫婦二人だけのオリジナルデザインを求めている方々にとって価値があります。
オーダーメイドはブランドショップや工房でも受け付けていますから、まずはどのようなデザイナーが在籍しているのか確認すると良いでしょう。
また中にはスタッフと話し合いながら夫婦がデザイン案を出せる場所もありますが、こうした場所は手作り感覚の強い結婚指輪がほしい時にお勧めなのです。

横浜はデートスポットとしてカップルにも人気のエリアです。婚約指輪を横浜で買えば、ロマンチックな思い出になること間違いなしです。